交通事故問題解決ブログ

交通事故問題解決ブログ

バスの急ブレーキで出口のほうへ転がった友人

交通事故に遭ったという表現が正しいのかは分かりませんが、友人が交通事故に遭って困っています。通勤のためバスに乗っていたのですが、急に赤信号で走り出した人がいたらしく、バスが急停止しました。朝ということで乗っている人も多く、バスの中は大変なことになっていたみたいです。友人は前のほうに乗っていたのですが、運転手の人は別にブレーキをかけるのが遅かったわけでもなく、むしろ早いほうだと行っていました。ですが、友人は前のほうかつ立っていたのです。

急ブレーキが効かない

そんな状態で急ブレーキなんてかかったら、どうしようもありません。ふっとんだとまでは言いませんが、出口のほうに転がってしまったみたいです。出口が開かなかったのが幸いですが、開いていたら友人は外に投げ出されていたかもしれません。とは言っても友人は転がっていったわけですから、かなり痛かったみたいです。普通に空いているバスだったら誰かかけよるのかもしれませんが、中は相当混んでいるわけですしみんなパニックになっていて誰かのことを気にしている暇はありません。友人はそれを分かっていたみたいで、すぐに自分のいたところに戻ったみたいです。ですが、そのうち色んなところが痛み出したと言っていました。とは言っても何でもないふりをしていたわけですし、今更言えないということで未だに悩んでいます。

DATE:2016/9/2

ピックアップ記事一覧へ